就労継続支援B型事業所番号0111001285

TEL:011-378-4499

平日9:00~17:00(土日を除く)

新着

受け止め方と自分なりの解釈

「三つ子の魂百まで」

『幼いころの性格は、年をとっても変わらないということ。(参考:コトバンク)』

人の本質的な部分は、簡単に変わるものではない。という意味だそうです。

かく言う私。
「マジメ」だと言われることが多かったので、おそらく幼少期からの性質なのでしょう。

ただ、一言に「マジメ」と言っても、
「きちんとした人」というイメージを持たれているのであれば肯定的に受け止められるのですが、

「融通のきかない人」というイメージなのであれば、何か自分自身を否定されるような感覚に陥ってしまうこともあり、「きっとこれは、自分自身が『融通のきかない人』にマイナスのイメージを持っているのだ」と気付きました。

それでもここ最近は、

「きちんとしているマジメな私」も
「融通のきかないマジメな私」も

「自分自身の本質」と受け止めるようにしています。

そんなことを意識しながら生活したり、仕事をすることで、日々新しい自分と向き合えたらと考えています。

「三つ子の魂百まで。
変わらないかもしれないけど、変わるかもしれない。
そのままでいいじゃない。」

文 : はが えみ