レクレーションのあり方 江別

国・地方自治体の裁量・解釈には混乱してしまいます。
以下、読んでみて下さい。
障害者支援施設は、
適宜利用者のためのレクリエーション行事を行うよう
努めなければならない。―法30条―


就労系サービスにおいて、
「息抜き」や「気分転換」を目的とした場合は、
就労支援と関連性の薄い行事等となるので、
サービス提供としては不適切である。―厚生労働省―


就労系サービスには、
「余暇活動」や「レクリエーション」という支援はなく、
あくまで就労系サービスの一環としての支援として
位置付ける必要があります。―旭川市見解―


レクレーションの日でも必ず作業を行っています。
レクレーションに参加されない利用者さんに対しては、
支援員が事業所内で通常「支援」を行っています。


はっきり申し上げれることは、
「支援」の一環である以上、利用者さんから、
「レクレーション費」なるものを徴収することは明らかに違法です。

アルブル江別は
あなたが一歩踏み出すサポートをします。

<アルブル江別 フェースブック>
https://www.facebook.com/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AB%E6%B1%9F%E5%88%A5-2152087068351744/

<アルブル江別 アメーバブログ>
https://ameblo.jp/arbre-ebetsu/

障害者手帳をお持ちの方
自立支援医療を受けられている方、
難病の方が対象となります。
ご家族の方もお気軽にご相談ください。

月曜日~金曜日 体力や生活リズムに
不安のある方はご相談ください。
1週間のうち1日だけ
午前中のみ 午後のみの利用も
可能です。

昼食は調理員が毎日手作りのお食事を
250円にて提供させて頂いております。

アルブル江別は障害者総合支援法に基づき、
PC操作を通じてデーター入力・POP作成等の
作業をして頂いています。

江別市2条5丁目9-2
えべつみらいビル2階3号室(江別駅徒歩1分)
就労継続支援B型 アルブル江別
011‐378‐4499

株式会社フォレ

〒067-0012 北海道江別市2条5丁目9-2
えべつみらいビル2階3号室
TEL 011-378-4499
FAX 011-378-4498
Copyright 2018 arbre 江別(アルブル えべつ)